スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • | - |
    • |
    • - |
    • - |
    • - |
    • - |

    オール電化の電気代

    0
       オール電化、相変わらずの人気ですね。

      これから住宅を新築される方は、おそらく皆さんオール電化を検討されるのではないでしょうか?
      オール電化とは、生活のエネルギー源を全て電気にするというものですが、やっぱり気になるのは電気代ですよね。

      電気代があまりにもかかるようだったら、いくら環境にやさしいと言われても、火を使わないから安全だと言われても、オール電化にしたとしても手放しで喜べないものがありますね。

      オール電化では、確かに電気代は高くなります。ですが、ガス代や灯油代がなくなる分、この差し引きで節約になっていることが多いため、オール電化は、結果的にお得なものと言うことができるでしょう。

      ある試算によりますと、24cmのホーロー鍋を使用して、水温20℃の水1リットルを90℃まで沸かすには、都市ガスでは3円60銭かかるのに対し、、オール電化IHクッキングヒーターなら2円40銭と、電気の方が安く済むのだそうです。

      さらに、給湯器の試算では、都市ガス給湯器だと月額5904円かかるのですが、電気温水器だと3057円と、もちらも電気代の方が安くて済むのです。

      ただしこの電気代は、時間別季節別で割引されている電気代で試算されていますのでちょっと注意してください。他にも、オール電化にすることでお得な電気料金メニューがあります。

      導入しているオール電化の機器の種類によっては、契約内容を変更することで、更に光熱費の節約を図ることができるというプランがあります。

      例えば、東京電力でいうところの夜間の電気料金が大幅に安くなる「電化上手」というプランのようなものです。

      このプランで契約すると、夜間にお湯を沸かすエコキュートを使用することで電気代はかなり節減できます。

      このオール電化割引プランは、どこの電気会社にもありますので、まずは電気会社に問い合わせてみて下さい。

      オール電化 住宅メリットとデメリット

      0

         ここ最近、オール電化が花盛りといった感じで、新築の物件などは、オール電化を前面に打ち出して宣伝していますね。

        オール電化とは、すべてを電気でまかなう、火を使わない暮らしのことを言います。いわゆるガスを使わない生活のことですね。

        オール電化にするには、今、火を使っているところを電気に変えるだけです。つまり、キッチンと給湯を電気にするだけ。

        火を使わないという安心感や便利さ、快適さはもちろん、光熱費がかなりお安くなるという電化住宅。

        今回は、そのメリットとデメリットについて書いてみたいと思います。

        オール電化のメリットとは、まず、大幅なコストダウンにあると思います。オール電化にすると、光熱費の大半は給湯に使われてることになりますので、電気温水器は安い夜間電力を使うことで給湯費用が削減できるんです。

        それから、電気とガスを併用しているとどちらも使用量にかかわらず基本料金を取られますよね。

        でも、電気に一本化すれば基本料金が節約できます。

        さらには、ガスを使わないと電気料金にオール電化割引という割引が利用できるそうなので、お料理は是非、IHクッキングヒーターを使うようにしたいですね。逆にオール電化については、デメリットも存在します。

        まず、住宅を新築するときにオール電化にしてしまえば問題ないのですが、もし、これまでガスの床暖房や浴室乾燥機を好んで使っていたような場合には使えなくなります。

        床暖房や浴室乾燥機にも対応した電気給湯器も発売されているのですが、とにかく値段が高いですし、なんと言ってもパワーはガスにはかないません。

        また、なんかの際に急に大量の湯が必要になった場合などに湯切れになることがありえます。

        そして、ガス給湯器より大きい貯湯器を設置するスペースが必要になります。こうして考えてみますと、オール電化のデメリットはそのメリットに比べると大したことはない様に思います。

        つまりメリットの方が大きいということですね

        大東建託 アパート

        0

           外を歩いていると、<strong>大東建託</strong>の<strong>アパート</strong>をたくさん目にします。
          大東建託のアパートって、ほんとにたくさんの種類がありますよね。
          私も、何度か大東建託のアパートの見学に行ったことがあるのですが、ひとつ気になるのが、アパートのあの床なんですよね・・
          なんで、大東建託のアパートの床ってあんなふうにフカフカしてるんだろう!?なんだか船に乗ってるみたいな感じがして酔っちゃいます(笑)
          まぁ、あの床が好きっていう人もいるんだろうけど、私はちょっと気になっちゃいます。

          でも、大東建託のアパートは1ROOMでも一人暮らしには十分すぎるくらいの広さのクローゼットもあっていいと思います。
          実際に大東建託のアパートに住んでいる人の声も聞いてみたいですけどね。実際の住みごこちというものはどうなんでしょうね。
          外観はおしゃれなアパートが多いので、見ている分には住みたいなぁと思いますが、生活をするのは部屋の中なので、外観だけじゃなく中身が重要です!!お部屋の見学をされる際にはしっかりチェックしたほうがいいですね。

          マイホーム取得を考える時に一戸建ては土地建物全てが自分のものです。

          0
            田舎暮しをするにも、
            マイホーム取得を考える時に一戸建てとマンションどちらを選ぶとベストなのでしょうか?購入費用や維持管理などの金銭面もさることながら地理的な条件でも少しずつ差があります。その家族の価値観や生活スタイルによって、それぞれにメリット・デメリットが生まれます。

            一戸建てのメリットはまず、土地建物全て自己所有ですので敷地も自由に使う事が出来ます。建て替えや増改築も自由に出来る上に資産価値が下がりにくい事が挙げられます。デメリットは建物の耐用年数も比較的短い事と土地も購入するので金額的に割高と言うのが主な内容です。

            マンションのメリットは、鉄骨構造なので耐久年数が長く居住性が良い事が挙げられます。共有部の掃除などは管理会社が行いますので楽です。その反面、管理費や修繕積立金が毎月必要で、日常の生活では近隣の部屋の音が気になったりペットを飼えないなどの規制も受けます。

            購入費用が抑えられ利便性も良いのがマンションです。マンションに比べて、増改築や土地の利用方法など自由度が高く資産価値も高いのが一戸建てです。自分や家族の将来のライフスタイルなど、広い視野をもちトータルに考えて優先順位を明確にして賢い選択をしたいものですね。


            RSS関連リンク
            夏までダイエット【2日目】
            体 重:49.0kg(-0.8kg)体脂肪:23%(+1%)☆メモ☆風邪のため鼻水じゅるじゅる。腹痛。ウォーキング出来なかった。キャベツは平日は夜しか食べられない・・・

            めし三杯
            でごはんを食べる時にとなりの人が10年前の体型でご飯をドンドンたべているのを見たら引っ張られてご飯三杯食べてしまった(^O^)食べれるものですね。でも太らないからできるんだよね。消化の為にシエーク飲まないと(^O^)食べて食べてダイエット中なので楽チン

            へとへと…
            鏡で、よぉく見たら目元は、超乾燥…砂漠状態(r-_-)rいいことないね……もやもやを、払拭する為にプールへ(・ω・)b今日は、いつもよりもハードな内容足、がくがくしてるしこれも、ダイエットの為よ!と自分に…いい聞かせてみる(

            近年人気の建築様式ガレージハウス。

            0
              ガレージハウスが近年人気の建築様式のトップにランクインしています。ガレージは車を守るというのが役目です。

              バイクが大好きで、眺めたり、ガレージで過ごすことが夢。和風・洋風、入口はドアタイプにするかシャッターにするか、などが決まってきます。どんなガレージをつくりたいかも十人十色でしょう。

              ガレージをスペースとして活用したいというガレージ多目的スペース型。

              クルマ中心の空間にしたいというクルマ優先のガレージ専用型。前者は友人や家族との時間、そして趣味を生活の中に溶け込ませたライフスタイルで、リビングそのものがガレージになっていたり、リビングとの境界を感じさせないガレージのつくりが人気のようです。

              後者はどちらかというとガレージに住んでいる感覚です。

              ライフスタイルガレージ主体で車やバイクが大好きな人が油にまみれて愛車の手入れをしたり、チューンナップやエンジン調整、入念にワックスがけや洗車をして、リビングがガレージ、いや、ガレージがリビングになっています。ガレージに車を持ち上げるためのリフトを設置して、まるで整備工場に住んでいるかの錯覚にとらわれるほどの入れ込みようの人もいます。
              JUGEMテーマ:家庭


              2世帯住宅

              0
                2世帯住宅二世帯住宅)をプランニングする際のポイントになるのは、親子同居に伴うメリットとデメリットを明確にし、プライバシーを尊重しあえる環境をいくかということがあげられます。

                1980年から旭化成ホームズ株式会社が二世帯住宅研究所を設立しており、そのサイトでは、2世帯住宅にかかわる情報を提供しています。

                その二世帯住宅研究所によると、2世帯住宅のプランとして3つのタイプがあげられます。基本となるのが同居スタイルによって、共有スペースを持つかという建物分離度です。

                浴室などの一部設備を共有する『共有二世帯』、多くの生活空間を共有し、それぞれが自立して暮らす『融合二世帯』の3つです。

                『どうして同居するのか』を明確にするとよいです。味付けや世代間の価値観、生活リズムの違いなどに加え、経済観念の違いなどをあげています。

                原則(選択の原則、相互尊重の原則、自立の原則、家族間ルール確立の原則、家族協力の原則、扶養分担の原則、社会連帯の原則)と工夫(世帯間の独立を尊重、相手文化の相互理解、お客さんが来やすい環境作り、キーパーソンが潤滑油として機能すること、経費分担の明確化、教育責任を子世帯がしっかり持つこと、行事参加への積極性、親族友好への配慮)が二世帯住宅研究所のサイトに掲載されていますので、参考にしてみるとよいでしょう。

                住宅ローン借り換えのコツ。

                0
                  住宅ローンを借り換えするときには借り替える前よりもメリットがなくては意味がありません。

                  月々の支払いを安く抑えることが可能な住宅ローンを探す人がほとんどでしょう。

                  住宅ローンがあるなら、借り換えを考えてもいいでしょう。

                  住宅ローンが残っていることです。

                  金利差がほとんど変わらないままに借り換えを行ったとしても、新しい住宅ローンでは完済までの期間を短く設定することで返済総額を減らすという手法もありますし、自己資金を投入するという手段もあります。

                  工夫によって、金利に住宅ローン借り換えでも、返済総額を減らすことができるのです。

                  変動金利だった住宅ローンを固定金利に変えることは、なるという利点を得ます。

                  住宅ローンに変えたことで返済総額が増えたとしても、10年20年単位で考えると得かもしれないし、不確実要素を排除することが可能です。

                  借り換えによって固定金利制住宅ローンにした場合、その後の返済計画が明瞭にできます。

                  返済期間、今後の金利予測などを絡めてよく考えてから住宅ローン借り換えをしましょう。

                  メリットもあるけれど、手数料や利率の計算など色々とややこしい話が発生するのが住宅ローン借り換えです。

                  オール電化住宅

                  0
                    オール電化住宅とは、住宅全体の熱の供給源を電気で行う住宅のことで、各地の電力会社が設定している特別割引料金が適用され、光熱費にかかる費用を節減することができます。

                    従来の住宅の場合、調理の際に利用するコンロや入浴の際に利用するお湯などの給湯器では、ガスを利用し発火させることで発生する熱を利用するため、利用するたびに二酸化炭素(CO2)が発生します。

                    二酸化炭素(CO2)は、地球温暖化の原因になると言われ、今後、どう抑制していくかが注目されていますが、オール電化住宅は、各家庭でのガスによる発熱が不要になるため、各住宅からの二酸化炭素(CO2)の発生を抑えることができます。

                    そのため、地球温暖化の進行抑制の一助になると電力会社や電気設備会社が営業活動を展開しています。オール電化住宅は、ガスコンロのかわりにIH調理器、ガス給湯器の代わりにエコキュートや電気温水器を利用します。

                    エコキュートや電気温水器は、格安料金が適用される深夜の時間帯に電気発熱を利用してお湯を作りますが、深夜に作ったお湯をためるタンクの容量によって値段が変わります。

                    一日に利用するお湯の量は、家族構成によって変わりますので、日中に湯切れを起こしてしまった場合、昼間の割高料金での発熱になるため、人数により最適なタンクを選択するようにしてください。

                    環境的にも、電気は備蓄ができないため、利用が少ない深夜の時間帯に利用するということは、電力会社での二酸化炭素(CO2)発生を抑制することにつながります。

                    それが深夜の格安料金が適用される理由にもなっているので、環境負荷を考慮した上でオール電化を検討する際は、利用する時間帯をきちんと意識し、光熱費の節約をしていくことも十分、地球環境への負荷軽減につながります。

                    オール電化住宅は、ガスを利用した発火による発熱ではないため、保険会社によっては、火災保険や住宅ローンで優遇されることもあります。
                    JUGEMテーマ:地域/ローカル


                    一戸建てとマンションどちらが良いのか?

                    0
                      マイホーム取得を考える時の悩みのひとつに一戸建てとマンションどちらが良いのかという問題があります。地理的な条件や購入費用や維持管理などの金銭面でも少しずつ違いがあります。その家族の価値観や生活スタイルによって、それぞれにメリット・デメリットがあります。
                      一戸建てとマンションどちらが良いのか?マイホーム取得を考える時の代表的な悩みのひとつです。購入費用や維持管理などの金銭面だけでなく地理的な条件でも少しずつ差があります。その家族の価値観や生活スタイルによって、それぞれにメリット・デメリットがあります。
                      マイホーム取得を考える時にまず思い浮かぶのが、一戸建てとマンションどちらが良いのかという問題です。地理的な条件や購入費用や維持管理などの金銭面でも少しずつ違いがあります。その家族の価値観や生活スタイルによって、それぞれにメリット・デメリットがあります。
                      マイホーム取得を考える時に一戸建てとマンションどちらを選ぶとベストなのでしょうか?購入費用や維持管理などの金銭面もさることながら地理的な条件でも少しずつ差があります。その家族の価値観や生活スタイルによって、それぞれにメリット・デメリットが生まれます。
                      マンションと一戸建てどちらを選んだら良いのか?はマイホーム取得を考える時の悩みのひとつです。購入費用や維持管理などの金銭面だけでなく地理的な条件でも少しずつ差があります。その家族の価値観や生活スタイルによって、それぞれにメリット・デメリットがあります。
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル


                      田舎暮し。住宅の省エネルギー基準とは!

                      0
                        住宅の省エネルギー基準とは、「エネルギーの使用の合理化に関する法律」に基づき制定された「住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主の判断の基準」及び「同設計及び施工の指針」という告示のことです。この基準は、1980年に初めて定められ、1992年に改正され、さらに、1999年3月に再度に改正されました。そして、この199年に改正された、住宅の省エネルギー基準は、「次世代省エネルギー基準」ともいわれています。最近では、省エネ住宅やエコハウスなどといった地球にやさしく、冷暖房のエネルギーを抑えた住宅を建てることが一種のブームとなっていますが、まさに、その明確な基準のひとつが、住宅の省エネルギー基準ということができます。住宅の省エネルギー基準は、専門的で難しい基準値などが使用されていますが、簡単に言えば、高断熱・高気密である住宅であり、かつ、室内に汚れた空気をためるのではなく、新鮮な外気を取り入れることができる計画的な換気を行う住宅です。家を建てることにおいて、この住宅の省エネルギー基準を必ず守らなくてはならないということはありません。しかし、住宅の省エネルギー基準を守ることにより、住宅ローンを有利に組むことができたり、割増融資を受けることができるので、経済的優遇されます。住宅の省エネルギー基準を満たす家を建てるには、「建築主の判断の基準」と「設計、施工の指針」を満たさなければなりません。現在の住宅の省エネルギー基準すなわち、次世代省エネルギー基準では、建築主の判断基準は、いくつかのタイプがあり、いろんな設計を可能とすることができます。しかし、やはり、家を建てるときに、ハウスメーカーや建築士の方と相談することが一番よいでしょう。もし、住宅の省エネルギー基準の詳しいことが知りたい場合には、住宅の省エネルギー基準の解説書が、「財団法人 建築・環境省エネルギー機構」から発行されています。自分で詳しく調査して、家を建てたいという方は、是非この解説書をご一読ください。また、財団法人 建築・環境省エネルギー機構のHPには、住宅の省エネルギー基準についても詳しく解説しています。
                        JUGEMテーマ:地域/ローカル


                        SunMonTueWedThuFriSat
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>
                        PR
                        Recent Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comments
                        Recent Trackbacks
                        Profile
                        リンク
                        簡単相互リンク



                        お気に入り相互リンク
                        ネット ビジネス お金稼ぐ。団塊世代のアフィリエイト セミリタイアを成功に挑むネット ビジネスでお金稼ぐ方法とは。「
                        マリークヮントmary-quantで綺麗になれるかな〜マリークヮントデザインがすき!!
                        overturemonitor 自動車 保険
                        Pingサーバー
                        currentBlogList
                        Links
                        Other